【要注意!】にごり爪がうつらないために出来ることは!?

にごり爪がうつらないためにすること

にごり爪は、発症してからどんどんとうつってしまう厄介なものです。私は分かってからは、これから広まらないように細心の注意を払ってきました。足裏の悩みは、ほかにうつってしまうことは有名です。

 

それは、にごり爪でも同じなのです。そこで、なってしまったら、治療とともに、これ以上広まらないように対処しなければいけません。原因は色々ありますが、一番に考えられるのが、足が清潔でないことです。

 

特に、長い間靴を履いている人はかかりやすいでしょう。しかし、急に靴を履く時間を短くすることはできません。そこで、足を綺麗に洗うことを心がけましょう。あいつらは、蒸れたところが大好きで、さらに汗と一緒に出ると、どんどん増えてしまいます。

 

これを避けるために、足の隅々まで洗います。こうしてうつらないために対処をしておかないと大変なことになってしまう可能性があります。にごり爪は足だけでなく、他の部位にもうつる能力があります。例えば、全身に湿疹ができてしまうこともあります。

 

これを避けるためには、お風呂に入る際に、石鹸で綺麗にしておかなければなりません。治療も大事ですが、普段のケアも重要なのです。

 

⇒にごり爪を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

にごり爪になった時に気をつけること

足の悩みはおじさんがなるものだと思っていましたが、まだ二十代なのににごり爪になってしまいかなり落ち込みました。薬を塗って治すために頑張っていましたが、その中で気をつけていたのが普段履いている靴を通気性の良いタイプのものにしたり、ストッキングも履かずかなできる限り蒸れないようにするということでした。

 

アレになると、他人に移してしまう可能性もあるということは知っていたので家族に移さないように同じタオルを使わないようにしたり、同じサンダルを履かないなども気をつけました。

 

途中で薬の効果か治ったかなと思うことがあり、一度油断して薬を使うのをやめてしまったところ、再びにごり爪がひどくなってしまったので治ったと勝手に判断しないように気をつけることが大切なんだろうなとかなり思いました。

 

家族に移してしまうと、自分が治ってもまた家族から移されるかもしれないし、それはまずいなとかなり思いました。薬は飲み薬は使っていないので、副作用がない代わりに治るまでにも少し期間はかかりましたが気をつけて生活していたおかげもあって今では無事に完治させることができました。

 

再びにごり爪にならないように毎日の生活を気をつけていきたいなと思っています。

 

⇒にごり爪を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

にごり爪で変形した爪の切り方

現在、皮膚科でにごり爪を治療中の者です。初期の症状で放っておいたら、爪が黄色く変色して、筋がたくさん出来てしまいました。そして爪が変形し分厚くなってしまい、慌てて皮膚科に行きました。

 

 にごり爪は症状がひどくなると、爪とその周辺の皮膚が変形してきてしまいます。私の親指も爪の皮が厚くなってしまって、普通の爪切りではきちんと挟むことができません。そういう場合には、ニッパー型の爪切りがよいと紹介されました。切り方は、指をしっかりと押して固定し、丁寧に切り進めていきます。

 

 にごり爪になった爪は、とてももろくなっているので、割らないように注意が必要です。そのために爪切りは夜、風呂に入って、爪がやわらかくなっているときに切るのがよいでしょう。

 

 そのときに、周辺の皮膚を傷つけないように注意が必要です。小さな傷口でも、なってしまうので、爪や周辺の皮膚をタオルでこすったり、軽石をかけてもいけません。特に爪に変形が見られるような状況であるなら、必要最低限のお手入れ以外は、なるべくさわらないようにするのが一番だそうです。

 

 今後は医者で言われたように、足の指一本一本を丁寧に洗い、二度とにごり爪などにかからないように気をつけたいと思います。

 

 

にごり爪は検査をしなければ分かり難い

にごり爪は爪に入り込んで浸食されているのですが、素人では見ただけでははっきりとは分かりません。それは、爪の症状だけ見ても、他に似たような症状はあるからです。

 

例えば、にごり爪では、爪にひびが入ることがあります。縦にわれることはよくありますが、横に割れるということはにごり爪の可能性が考えられます。また、爪がもろくなったり、重なってしまうことがありますが、これも他の症状でもあります。

 

加齢によって爪が弱くなりますし、栄養が足りていなかったり、貧血の症状があっても爪が割れる事があります。このように、見た目だけでは判断できないのです。そして、専門家だけでもきちんとした検査をしなければはっきりと判断を下すことはできません。

 

だからといって、治療を先延ばしにしていたら、どんどん症状が進行する恐れがありますので、私はすぐに病院に行って検査をしてもらいました。検査自体はすぐに終わりました。その日のうちに結果は出ないので、後日再び病院に行くことになりました。

 

覚悟はしていましたが、やはりにごり爪であることがわかりました。料金は多少高かったのですが、治療法が明確に分かりますので、これにより安心して治療を受けることができました。

 

⇒にごり爪を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

にごり爪の治療は何科に行くの?市販薬だと無理?

(にごり爪の受診科と治療について)

 

しつこいにごり爪を治す目的で病院へ行く場合、皮膚科に行って治療を受けるのが一般的です。

 

皮膚科でにごり爪の治療を受ける時は、最初に検体を摂り結果を確認してから治療が開始されます。

 

大抵の場合、内服薬での治療が優先されますが、肝機能や血液に疾患がある場合や妊婦の人、高齢で複数の薬を服用している人は使用できません。

 

また、肝機能への副作用のリスクもあるので、使用可能な人でも服用中は定期的に血液検査を受けます。

 

内服薬の使用ができない場合は、外服薬での治療となりますが、医師によって処方の仕方が異なるケースもあります。

 

(病院で処方される薬は?)

 

内服薬で処方される薬は、イトラコナゾールやテルビナフィンが主流で、イトラコナゾールはパルス療法による服用を行います。

 

パルス療法とは、1週間服用を継続したら3週間休むというペースを、3回繰り返していく方法です。

 

テルビナフィンは、1日1錠を半年間程度の目安で服用していきます。

 

外用薬で処方されるのは、エフィコナゾールやルリコナゾールなどで、肝機能疾患などが理由で内服薬が使用できない人には有効的な治療方法です。

 

(市販薬だとにごり爪は改善できない?)

 

薬局やドラッグストアなどで市販されている薬は、足への働きかけには期待できますが、にごり爪には十分な効果が期待できません。

 

にごり爪の場合、硬い爪が壁となり足に使う薬を塗っても、患部に届かないという厄介な点があります。

 

現在ドラッグストアなどで販売されている薬は、痒みを抑制するという構成が主流です。

 

にごり爪に働きかけるには、爪への浸透を助ける構成の商品が理想的で、この理想に合った商品が通販サイトなどで販売されています。

 

(通販で人気のにごり爪ケア商品は?)

 

通販では幾つかのにごり爪ケア商品が販売されていますが、人気が高く話題になっているのはクリアネイルショットです。

 

クリアネイルショットは、爪への浸透にこだわった浸透力特化製法を採用していて、にごり爪へ働きかけるには理想的な構成になっています。

 

・浸透力特化製法?
爪の表面には親油性の膜があり、油に馴染みやすい特性があります。
その特性を活かし、オイルで包み爪に馴染むようにしている独自の製法です。

 

クリアネイルショットは、利用者の口コミを見ても評価が高く、にごり爪対策を考えているならおすすめできるにごり爪ケア商品です。

 

⇒にごり爪をクリアネイルショットで自宅でこっそり治したい人はこちら

更新履歴