老人から爪水虫をもらってしまった

老人から爪水虫をもらってしまった

今まで水虫とは無縁の生活を送っていたので爪水虫なんて他人事のように思っていたのですが、介護の仕事に携わるようになってから爪水虫になってしまいました。

 

老人の方の多くは爪水虫にかかっている人が多いため、入浴介助をしたあとは自分の足をよく洗うように心掛けていたのですが、時間が押してしまうこともよくあったのできっちり洗うことができないことがあったためだと思っています。

 

ある日、入浴後になんとなく自分の足を見てみると爪が変色してぶ厚くなってきていました。これは爪水虫ではないかと思ってネットで症状を調べてみると残念なことに爪水虫になっていたのです。

 

民間療法などいろいろ試してみましたが、思ったような効果を得ることができなかったし、医者に通院するのもやっぱり恥ずかしいと思ったので、インターネットでクリアネイルショットのことを知って試してみたのです。

 

クリアネイルショットは1日1回の塗布でよいので手軽に使えますし、スポットタイプなので患部にピンポイントで塗ることができるので使いやすいです。クリアネイルショットを使ってから一ヶ月で随分と症状もおさまってきたので、完治するまで頑張って続けて行こうと思っています。

 

 

ロート製薬のWきわケアジェルで爪水虫が治った

ある日、家に帰って靴を脱ぐと、爪先に何とも言えないかゆみと不快感があり、靴下も脱いでよく見てみると、爪のあたりが白くなっているのが分かりました。
はじめは、長距離を歩いた疲労から来たものだろうと簡単に考えていましたが、日に日に症状が重くなり、最後には、爪先かゆくてたまらなくなってしまいました。

 

決定的となったのが、爪切りを使って足の爪を切る時で、パチンパチンと小気味良く切れるのではなく、もろくなった爪が、ボロボロと剥がれるように取れてきた時に、爪水虫であることを確信しました。

 

とは言え、近くに専門の病院はありませんし、仕事が忙しく、遠くまで通う時間はありません。

 

そんな時、ロート製薬の「メンソレータム エクシブ Wきわケアジェル」の存在を知り、まずはこれを試してみようと思いました。

 

これを選んだ理由は、ロート製薬、メンソレータムという、これまで知っていたメーカー、ブランドであることと、Wきわジェルで、薬液が届きにくい爪のきわにも、浸透させるタイプだということでした。

 

早速その日から、毎日ジェルを爪に塗布する毎日が続きました。

 

容器を軽く摘み、ジェルが爪に落ちた瞬間に、ひんやりとした感覚が広がり、薬液が浸透して行くのが分かり、これは効きそうだと感じました。

 

塗布することを始めてから2週間程度で、爪の白くなった部分がほぼ消え、その頃には、あの不快だったかゆみや不快感も、ほとんど感じなくなりました。
そして、3週間程度経過した頃には、新しい爪に生え変わり、元通りの綺麗な状態に戻りました。

 

今回の体験を教訓に、日頃から足元の清潔感を保つようなケアを心がけようと決意しました。