ルコナックを処方してもらった

ルコナックを処方してもらった

最近、爪水虫にかかりました。最初、お風呂に入っているとき、爪先を洗うと、妙に爪がごわごわとがさついて違和感を感じ、洗うと皮膚がぽろぽろと取れます。爪の色は白濁した白色になりました。しかし、かゆみも痛みも感じることはなく、しばらくそのまま放置していました。

 

 おかしいと深刻に考え始めたのは、爪がさらにひどくごわついて、ごつごつとした感触になり、色が黄色くなってからです。なぜか爪が厚く変化していって、普通の爪切りでは切れなくなりました。私が皮膚科を訪ねたのはちょうどそんな頃です。

 

 爪水虫は正式名称を、爪水虫白癬と言い、このときには飲み薬だけでなく、ルコナックという塗り薬を処方されました。最近認可された薬だそうで、一般の薬局では取り扱っておらず、医者から処方箋を出してもらわないと入手できない薬です。

 

 医者に言われたように、なるべく刺激を与えないよう、患部を手できれいに洗い、タオルドライした後に、ルコナックを塗ります。これを毎日繰り返すことで、約二ヶ月ほどで治りました。

 

 しかし、爪水虫は再発しやすい病気で、高温多湿の環境を好むということから、なるべく足を清潔に保ち、靴下を履かずに乾燥させています。今のところは大丈夫のようです。

 

 

爪水虫のレーザー治療が必要な状況とは

外用薬・内服薬で爪水虫が治らないときは、レーザー治療が必要だと言われています。かかりつけの東京の皮膚科があるのですが、これらの方法で爪水虫が完治しなかったので、レーザー治療を受けることになりました。治療の頻度は月に1回ですが、少しずつ爪水虫が改善していきました。

 

白癬菌は頑固だそうで、1回の照射で完治するものではありません。菌を追い出すには時間がかかるそうなので、定期的にレーザー治療を受けていました。

 

完治するまでは半年ほどかかり、その後はネイルケアとしてクリアネイルショットを使用しています。爪専用のジェルであり、ゴワゴワした爪を綺麗に治してくれるのです。ネイルケアは過去にもしたことがありますが、クリアネイルショットは特に実感しやすかったです。浸透性の高いジェルなので、爪の内部まで潤っているのがわかりました。

 

東京の皮膚科によると免疫力が低下していると爪水虫のリスクが高まりますが、ほかにも清潔にすることが大切だそうです。入浴するときはしっかりと足を洗っておくことが大切だと言われました。定期的に木酢液で足浴をしていますが、これもすっきりとして気持ちがいいです。足を清潔にするようになってからは、爪水虫は再発していません。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら