爪水虫は赤ちゃんにもうつる?一緒の入浴は避けるべき?

爪水虫は赤ちゃんにもうつる?一緒の入浴は避けるべき?

(爪水虫はうつる?)

 

爪水虫は、足水虫と同じ白癬菌が原因の為、赤ちゃんにもうつる可能性はあります。

 

白癬菌はケラチンを好物にしているので、皮膚や髪、爪などの箇所には感染することがあります。

 

その為、赤ちゃんがいる家庭で水虫や爪水虫の人がいる場合には、感染しないように注意して早目に治療することが大切です。

 

親が爪水虫で赤ちゃんと入浴した場合、浴槽内のような水中での感染はありません。

 

感染するとしたら、お風呂マットやスノコ、タオルなどが感染経路になりやすいので、同じタオルの使用は避けるのがおすすめです。

 

しかし、白癬菌は身体に付いて直ぐに感染することはなく、24時間程度の時間をかけて感染します。

 

その為、赤ちゃんの足を乾燥させて清潔にしていれば、感染リスクはそれ程高くありません。

 

万が一、赤ちゃんに爪水虫が感染してもすぐ分かるように、日頃から赤ちゃんの爪をチェックするのも良い方法です。

 

(爪水虫の対処は?)

 

赤ちゃんが爪水虫になった場合は、かかりつけの医療機関へ早く行くことが大切です。

 

大人の爪水虫の対処は、皮膚科に行って治療を受けるのがベストです。

 

爪水虫は、硬い爪の中に白癬菌が感染しているので、外用薬による治療より内服薬の方が効率性が高く効果も期待できます。

 

その為、病院で治療をする時は内服薬による治療が優先されます。

 

しかし、爪水虫に使う内服薬は肝臓などへの副作用リスクがあるので、使用制限があって肝機能や血液に疾患がある場合は使用できません。

 

他にも、高齢で複数の薬を服用している人や妊婦の人も服用ができないので、そういった時は外用薬での治療になります。

 

皮膚科へ通院する期間は、個人差がありますが1年程度が一般的で、1ヶ月や2ヶ月の通院で完治するものではありません。

 

ネット上の口コミなどを見ると、半年通院して面倒くさくなり、完治していないけど通院を止めた、という人が多く通院の長さがネックのようです。

 

(ドラッグストアにある水虫薬は?)

 

爪水虫の場合、硬い爪が壁となりドラッグストアなどにある、足水虫薬を塗っても患部まで成分が届きません。

 

爪水虫に働きかける爪水虫薬や商品を購入するなら、薬局やドラッグストアではなく通販サイトからがおすすめです。

 

通販サイトには、爪水虫対策に期待できる幾つかのアイテムが販売されていて、中でも特に人気が高く話題になっているのがクリアネイルショットです。

 

爪への浸透性が高く、患部への働きかけが期待できるので、しつこい爪の悩みがある人におすすめです。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら