爪水虫で足の爪が変形してしまいました

爪水虫で足の爪が変形してしまいました

足の指の間にできる水虫と違って、爪水虫はほとんどかゆみや違和感がなく、最初は妙に皮膚がごわついているなと思うくらいでした。またお風呂に入って洗うときに、ぼろぼろと角質のようなものがはがれ落ちます。それも皮膚が生え替わっているのだと思うくらいで、痛みも無いし、特に注意していませんでした。

 

 今考えれば、爪の周辺の皮膚がその部分だけ分厚くなっていたり、黄色く変色してきたときに、皮膚科にかかればよかったと思っています。爪水虫とは水虫の原因である白癬菌が、爪にも感染して発症する歴としとした病気なのです。

 

 今の私の段階は爪が反り返るように変形し、白く変色してしまっている状態です。白い変色は、白癬菌が爪の内部まで浸食しつつある状況だそうです。最初は親指だけだったのですが、今は人差し指まで白くなってきてしまいました。このまま放置しておいたら、爪の表面に筋が現れ、ぼろぼろになり欠けてしまうそうです。

 

 そう考えると本当に怖い病気なのですが、あまりにも安易に考えていた自分が恥ずかしいです。皮膚科で注意されましたので、今は内服液と、風呂上がりにつける塗り薬を使用しています。中度の爪水虫なので、治るのに少々時間はかかるそうですが、医者にかかって本当に良かったと思っています。

 

手遅れにならないように、少しでもおかしいと思ったら、早めに専門医に診せることをおすすめします。

 

 

爪水虫の弊害は爪がボロボロになること

当初は爪水虫という症状は水虫と同様にかゆみを伴うと思っていたのですが、ボロボロになる以外の弊害はありませんでした。ただ、ボロボロになるのが非常に厄介で、爪を見せることができなくなります。爪がボロボロになっているので安易に靴下を脱ぐこともできずに困っていたのですが、クリアネイルショットを使用してから症状が軽減していきました。

 

クリアネイルショットは爪水虫にも効果的なジェルで、爪を綺麗にしてくれるのです。爪の美容液といった感じの商品で、これを使用するほど爪が透明になっていくのがわかりました。マニキュアをしているようにツルツルの状態になったので、爪水虫が治ったあとも使い続けています。爪が綺麗になることで爪切りをするときに楽になりましたし、濁った症状からも解消されました。

 

爪水虫は今考えると非常に頑固で、爪の内部にまで浸透していました。入浴するときは念入りに洗っていたのですが、治る気配はまったくなかったのです。清潔にすることで予防はできるのでしょうが、治療となると簡単にはいかないようです。クリアネイルショットは外側から行えるケアで、身体に負担がないのもメリットでした。市販の肌トラブル用のクリームも使用しましたが、クリアネイルショットの効果が一番高かったです。